記事一覧

中越沖震災被災地へ支援を 議長に申し入れ

 16日におきた中越沖地震は、柏崎市を中心に、甚大な被害をもたらしました。党議員団の渋谷明治議員(団長)は、17日朝、田村清議長に対し、さしあたり市議会がおこなう対応として次の2点を口頭で申し入れました。
 一つは、議会として被災地に見舞金を送ること。議長は各議員に協力を呼びかけ、見舞金を送ることに同意しました。
 もう一つは、常任委員会の行政視察を中止、または延期すること。市議会では、4つすべての常任委員会が、24日から27日の間、3日間の日程でいっせいに行政視察をおこなう予定でした。被災地への県外からの支援も予想されるなか、同じ県民として、「被災地支援に全力を尽くすべき」との立場から提案しました。議長は、「当分の間、視察は延期する」立場を表明し、各常任委員長に指示することを約束しました。
 今回の申し入れは、党議員団が独自におこなったものですが、他の会派からのこうした提起は「なかった」ということです。